スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナーノート:「火祭の参加者達」

今回は「火祭の参加者達」
自分が普段からやっている二次創作のスタイル(原作の主要人物が登場しない)だと、
境界線上のホライゾンは二次創作をする上でだいぶ敷居が高いと思っています。
まず過去に「実際にあった事」や「実際にいた人物」を登場人物たちが再現している為、
必然的に二次創作で新たなに登場人物を作ろうとした場合、
モチーフとなる元ネタの歴史上の人物をあてはめなければなりません。
別に襲名者である必要は無いのですが、話を考える都合上襲名者の方が都合が良い。
そうなると歴史上の人物や出来事、関連性を調べなければ……となり作業量が増えます。

なのでホライゾンで書く事はないだろうなぁ、と思っていたのですが
地元ネタで攻めれば割と資料を探す手間が省けるのでは? と思い立ち妄想開始
都合よく地元を支配していた大友氏は

・既に登場した三征西班牙に内包されている
・しかし大友氏は家臣しか出番がなかった

という妄想するには素晴らしい条件だった事も手伝い
あれよあれよと大筋の話が決まっていきました。


■大友・義統
貧乏くじを自ら引くような人間。一言でいうとこれに尽きます。
他人の為に損をすることを良しとする人間。
そういう意味ではメアリに非常に近い性質のキャラですな。
メアリは割と覚悟完了してましたがこちらは覚悟不完了といった感じ。
ただ襲名した事自体は後悔はしておらず、三征西班牙に居られない事を寂しがっているだけです。

連れている走狗「チノ」は大友・義統の洗礼名であるコンスタンチノから。
鳥型で緑色、動物としては地元の県鳥であるメジロがイメージ。

自分が書いたキャラクターにしては珍しく、好意を表に出しまくっています。
川上作品はそういう登場人物が多いのでこれはこれでアリかと。



■フランシスコ・ザビエル
個性も何も特に出なかったかわいそうな人。
これから襲名者としての義務を果たしていく義統とは対照的に、既にその義務を
果たしている最中。
襲名者の先輩として義統の対比にしようと思っていたんですが、
ただ都合よく愚痴を聞くだけの存在になっていました。どうしてこうなった……。
ビジュアル描写を全くしていませんが、
そこは読んだ方にそれぞれ理想の「きれいなおねいさん」の姿を当てはめてもら
えれば。
何故ヒロイン役が姉系なのかって?それはもちろん自分の好みですとも。



二人とも「多分原作には出てこないだろう」という人物を狙いました。
ザビエルは某戦国槍では魔人だったり
Twelve~戦国封神伝~では敵方に居るので怪しい所ではありますが。
でもあの時代で地元の武将ネタやるならザビエルは外せないんですよねぇ。
地元の銘菓が「ざびえる」って何のいやがらせなんでしょう。


話自体は「あの火祭を準備していたのはどういう人達だったのだろう」という妄想と
「襲名する事」についてこういう襲名者もいるんじゃないだろうか、といった感じ
衰退していく三征西班牙で、セグンドさん以外にも衰退を背負おうとした人が居てもいいじゃないか
全体としてはそんな話です。

今回はプロット→ト書き→本文清書の順に作業を行ったのですが
プロット2週間、ト書き1週間、本文清書2週間で完成といった流れでした。
自分にしては速い方です。文章量は「聖夜の衛士」と同程度で
時間換算するとこちらの方がペース早いですな。
本文清書には原稿化作業と校正も入っているので、実質文章書いていたのは更に1週間短いです。
平日はあまり時間が取れないので土日がメインだったような気もします。
もっと書くペースを上げないといけないといった所が今回の反省点でしょうか。
他にも後半が駆け足でザビエルさんのキャラ把握が難しいのでそこも反省。

とりあずこんなところでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aldog

Author:Aldog
自称物書きのへたれ野郎
連絡を取りたい場合は以下のアドレスにお願いいたします
verge.works@gmail.com
※@は半角にしてください

最新記事
twitter
count
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。