スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナーノート:「真実の異説」


皆様、あけましておめでとうございます。
昨年はサークルとしても色々動いていましたし、多くの方にお世話になりました。
今年も好事会の方はサークルとして動こうと思っていますので、どうかよろしくお願いいたします。


というわけで本年一発目は自分内では恒例となったライナーノート
あとがき兼裏話となります
そういうのが苦手、という方はご注意ください。



えーっと、まず最初に言わなければならない事があるのでまずはそれを。
自分は佐山も新庄も風見も大好きで嫌いなわけじゃないですし、終わりのクロニクルも大好きです。
本文の最後の方に書きましたが、あくまでも「異説」として書くなら
こういうキャラ造形の方が面白いだろう、と判断した結果が今回のお話となります。

それと題名ですが、こちらまたもしょこらさんがつけたものでして、ハイ
毎度ご迷惑おかけしてすみません。描き終わった事に安心して題名は完全に忘れてましたですだよ……

まず前提として、原作終わりのクロニクルを新庄が書いた小説=正史であるとし、
脚色された正史から逆算し、本当にあった出来事はこうである――というスタイルで書きました。
そういうスタンスだったので、当初は冒頭に「この物語は異説である」という旨の文章があったのですが、
収集がつかなくなりそうだったので削除しました。
その代わりが最後の文章なのですが、あれは繋がらない別視点の2つの話を無理矢理まとめる為のものでもあります。
あと、異説の著者が佐山と新庄の子孫であるというのも締め切りギリギリの状況で俺の脳が生み出したもので、
最初から考えていたわけではありません。ノリって怖いね。
最後の文章は痛い二次創作そのままのノリだったので、載せるかどうか悩んだのですが、
「まあそういうのも含めてこそのノリだよな」ということで脳内GOサイン。


異説を書くにあたって、メインの二人である佐山と新庄の関係性が最も動くのが
2巻だったので、場面としてはそこを選択しました。
本来は新庄の性別に関する告白の日と2nd-Gとの模擬戦は同じ日なのですが、
「いくらなんでもそんな大事な日にぶっ込むような非常識行動を取るだろうか?」という思いもあったので
模擬戦前日という事にしました。
風見の方のシーンを先行で書いていたので、あのシーンをどうしても無駄にしたくない→そうだ、日付変えればいいじゃない
という情けない理由も無くはないですが。
他のキャラも出したかったんですが、そうなるともうまとめきれないと思って風見の追加だけにとどまりました。
本当は出雲も書きたかったんですけども、まあ風見を優先してしまったわけです。


・キャラ造形について
一番悩んだ事は「どのような要素があればそのキャラクターだと認識してもらえるのか」という事です。
極端に原作とキャラが乖離していたら「誰だこいつら」状態になりますし、
かといって似すぎていると異説の意味が無い、という事で……
友人に相談したりと色々頭を悩ませた結果、特徴的な要素を抜き出して極端にする、という方向で行く事にしました。
例えば佐山なら「悪役」という要素と「過去の出来事からくる狭心症」という設定。
新庄なら「己の存在に対する不安」
風見なら「出雲という存在に対する依存性」
といった感じでしょうか。

佐山はもうなんというかそのまんまのような気がしなくもないです。
こいつは特徴がありすぎてどうもやり辛い。
というか個性が強烈過ぎるわアホー!
佐山の体験した事を考えると、「女性恐怖症になってもしょうがないんじゃね?」
という思いつきから最初の一文は生まれました。
むしろこの一文があったからこそ方向性が決まったという感じです。
記憶が無い状態で「母親に無理心中を迫られた」と教えられてそれを信じ、
さらに父親の影しか見てない遼子さんに押し倒されて、その結果拳まで砕いてるわけですから……。
で、女性恐怖症となった場合、何が佐山の軸というか精神的な支柱になるのかと考えた時、
祖父と祖父から叩き込まれる悪役という立場や力そのものが「佐山・御言」には大事になっているだろうな、と。
だからこそ異説では悪役としてより高みを目指す為に新庄を欲するわけです。
恋愛感情一切ナシというつもりで書いていましたが、どうだったでしょうか。
めっちゃ利用してやる! → やっべ新庄まじやっべ
という実は結構情けない事になったりしたのは完全に想定外でしたが。


新庄は佐山教の信者というか幹部というかそういうイメージをしていました。
今回書いた場面で佐山教に目覚める的な。
普通に見えて、一皮剥くとやばいのが入ってたみたいな。
自分という存在そのものに不安を抱えていて、精神的にとても不安定。
精神の均衡を保つ為に両親を追っているが、もっと身近に佐山という安定剤を見つけちゃったもんだからさあ大変。
最近流行しているのかどうかは定かではないですが病んでるヒロインな感じと相成りました。
本当はもう少しマイルドにするつもりだったんですが気がついたら佐山を押し倒していた。
どういうことなの。


当初は本当の意味で「病んでる」ヒロインを風見にやってもらおうと考えていました。
爪噛み癖とか他人に傷を残したりという要素はその名残りです。
病んでてエロくてかわいい! がしたい筈だったのに新庄に取られた。ガッデム!
というか気がついたらどっちも行為前とかおかしいよ。なんでこうなったんだ。
風見側のシーンは直接描写は避けつつ、だけど可能な限りエロスをと思って書いていたんですが、
どうにもイマイチな結果になってしまいました。エロスロードは険しいよ、あんちゃん……。
氏が書いている現役娘のノリノリ描写はギャグの領域に入ってて少し違うと思うので参考にはしなかったんですが、
あんな感じでもアリなのかなぁ……。
風見は原作中にも指摘が入るように、かなり出雲に依存しているよなぁ、というのが頭にあったので、
本当にそのまま誰かに依存しないと生きていけないような感じで書きました。
この時点で上記の新庄と被っているのでもうここから敗北が見えていたような気もします。
何かに言って精一杯背伸びをしてちょこまか頑張っている風見はとても可愛いと思うんですだよ。


出雲も本当は書きたかったんですが、本当にこいつは内面描写がないんです。
主役達の中では年齢的にも精神的にも一番大人なんですが、何考えてるのかはイマイチ分からない。
風見の方にばかりスポットが当たっていたのでしょうがないとは思うんですが……。
他にも「あ、時間ねぇや」といういつもの事態で出雲は哀れ風見に襲われるだけでした。


残りの全竜交渉部隊のメンバーについても軽く考えるだけは考えていました。
せっかくなので書きなぐっておこうと思います。

竜司
正統派の少年漫画的主人公
小説内で扱いが悪かったのは、新庄と接点が薄かった為

美影
ヒロイン枠
努力家で思慮深い一面をのぞかせるが、やはりまだ精神的に子供の部分が多い

原川
父親を心底嫌っている孤独主義者でスピード狂
常識人寄りのロリコン たまたま好きになった相手がロリだっただけなんだ……
サンダーフェロウの操縦者でいるのも速い乗り物に乗りたい為

ヒオ
他人を死地に追いやる無自覚扇動屋
自身の正義の狂信者


……悪い事しか書いてない人が嫌いなわけじゃないよ。本当だよ。
ただ本当に各自が持っている要素を拡大解釈するとこうなるんだよ。信じてくれ!
ただ、佐山なんかはもっと極端にするつもりがなんやかんや言って原作の性格に引っ張られたので
もし書く事があったとしても、そうひどい事にはならないんじゃないかとは思います。

わりとどうでもいい情報ですが、書いた後に何故かときメモ4にハマってしまった為、
もし書き上がる前にときメモ4やってたらこの話めっちゃ糖度の高い話になっていたと思われます。
どこか暗くてちょっぴり重い感じのままで行けてよかった。
わしだって何時ぞやの「艦上の生活者」みたいにダダ甘いの書いたりしたくなるんや……



・文章的な反省について
改めて自分の原稿を読み直すと、前半部分である佐山視点の部分がかなり読み辛い下手な文章であるな、と。
内容と文章が途切れ途切れ、誤字が多い、読者に与えるべき情報が記述されて居ない……等、
よくある「作者が脳内でだけ分かっている文章」になっていたなというのが今回の反省です。
普段からその気はありましたが、今回はより顕著だったので今後はもっと精進していこうと思います。
というか、単純に作業に余裕を持って推敲する時間をしっかり確保する、というのが最大の対処でしょうな。
やはり書くスピードをもっと上げねば……



というわけで、2012年に書いた最後の文章の解説のような後書きでした。
冒頭にも書きましたが、今年の予定は今のところ好事会だけですが他にも色々動いていこうとは思っていますので、
今年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

性交率100%

T9vbE236
このサイトで遊び始めて1ヶ月。
もう6人と会ってしまった。

成功率100%で、性交率100%とかどんだけ!
http://Z36e5g5n.hexisag.org/Z36e5g5n/
プロフィール

Aldog

Author:Aldog
自称物書きのへたれ野郎
連絡を取りたい場合は以下のアドレスにお願いいたします
verge.works@gmail.com
※@は半角にしてください

最新記事
twitter
count
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。