スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 近しき親交のための同人誌好事会 回顧録

まずは参加された皆様、お疲れ様でした。
当日は予想外の事態が発生し自分のスペースに引き篭って全然回れなかったのですが
なんとも楽しい時間を過ごす事ができました。
毎度目印を作成していたので今回も、と申し込みをした時点で思っていたのですが
元々原稿を作る時間も無理矢理捻出したような状況で、さすがにそれ以上の時間を作る事はできず……
イベントの前日、前々日の2日を使い突貫工事でペーやんバケツと黒藻の獣を作るので精一杯でした。
クオリティは残念な感じになってしまいましたが、黒藻の方はそこそこ人気があったようで幸いです。
黒藻さんは希望された方に何体か引き取られていきました。
一応トップコートは吹いてますが紙粘土製ですので、水厳禁でお願いします。
アフターイベントのじゃんけん大会時には会場から撤退していたので
酉さんが弄られていた様子は知らないのですが、
ウチのサークル名義で色紙を出させていただきました。
双嬢の対になっている色紙二枚。あちらは時瀬さん作のものとなります。
この既成事実をもって時瀬さんをウチのサークルのメンバーに入れてやるぜぐへへへへ。
そしてウチの本を手にとってくださった方、本当にありがとうございます。
楽しんでいただけたのなら幸いです。
いつも通り、今回の本も後日に解説のような裏話のようないつものあれを書くつもりです。


以下前回のように回顧録となります。






第三回近しき親交のための同人誌好事会。
猛者と原作者が入り乱れる魔窟は今、過去最大規模で開催される――っ!

なんてモノローグは特にありませんでしたが、開催前から
「どうなるのよコレ」という感じはありましたよね?
そもそも最初は受付サークル数が30くらいで過去最小。
アニメ二期の放送直後なのにそれで大丈夫なのかなーなんて言っていたら、
「日付変えたし会場調整もして申し込みが来たサークル全部参加できるようにしたよ!」
なんていう事態が発生して。
運営さん達頑張りすぎですよ……と思いつつひーこらと原稿作業をしていました。


期待と不安を抱えつつ当日を迎えたわけですが、
自分は11時に会場に到着し、入口前で時瀬さんと合流。
そう、なんと今回も時瀬さんにお手伝いして頂きました。本当にありがとうございました。
ボッチじゃないって素晴らしいね……っ!
場所はいつも通り二階なので階段を登ったのですが、もうその時点で結構な人数が並んでいました。
というか、開催前日の「公式のサークル参加一覧ページ」からウチのブログへ飛んでくる人が
前回とは比べ物にならないくらい多くて恐怖を味わっていたのである意味想定内というか。
それはさておき会場内へと入ったわけですが、もう結構な数のサークルさんが準備完了していまして。
……君等気合入りすぎだろ。いや俺が遅いのか……?
10時半からサークル入場開始、12時から一般入場なので、11時到着でも余裕だと思ってたんですが
挨拶とかしてると確かに時間ギリギリなのかもしれないなー、とも思ったり。
会場入って自分のスペースに行く前に、我らがボスであるショコラさんのところが目の前だったのでご挨拶。
一番本の厚さについて言ってはいけない人(原作者)に厚いですねって言われた、など初っ端からネタ全開。
AKITAの下巻はほんとに大ボリュームな上に、既刊の種類も豊富で机の上は圧巻でした。
自分のスペースに到着し、すでに設営完了していたとなりの方に挨拶をして設営を開始。
しかし本当に、自分の描いた絵が印刷されているってのはどうにも慣れませんね。
印刷所からのダンボールを開けた瞬間、変な声が出ました。
ともあれ設営しなければ始まらないので、黒藻の獣やバケツヘルムもだして本も並べ。
設営が完了したあたりで丁度、たくぞうさんがいらっしゃいました。
今回表紙描いてもらったんですよーと言っていて正直うらやましかったり。
他にも丁度真後ろのスペースだったばななさんと体調大丈夫ですか? なんて話をしたり。
そうこうしていると、いつもの様に氏が各サークルに挨拶しているところでウチにも襲撃がありました。
回っている最中だしいろいろ話しかけても迷惑かなぁ、と思い挨拶だけでしたが、
ウチの本を押し付ける事には成功しました。
カタログを読んで気がついたのですが、今回の配置図に描いてあった「川」「上」「稔」という字が
氏のサークルカットに描いてあった字をそのまま使用していた、という事実に気付き大爆笑。
他の文字はちゃんとフォントを使っているのにそこだけ手書きでなんでだろうと思ってたら、そういうことかよ!
設営も終わったし始まるまでゆっくりしようと思い、時瀬さんから受け取った星屑の香辛料2を読む。
表紙の大アドニアの絵が微妙に1と変わっていたりしてそこを時瀬さんと話したり。
そして冒頭部分を読み終わったあたりで、運営放送が始まりました。
おぉ、始まりの挨拶かーと最初は思っていたのですが、途中から佐山の演説風であることに気付き、
会場全体がざわざわ。
しかし主催の方がかみかみで、詰まるたびに笑いが起こっていました。
最後には皆で「Tes.!」の掛け声と共に、第三回近しき親交のための同人誌好事会は始まりました。
終了後になってわかった事ですが、その場でセリフを考えながら言っていたそうです。
それでイベントが始まったわけですが……
さすが最大手。氏のところの混み具合が半端じゃない。走らないでくださいとスタッフの方が叫んだりするくらい。
他にもえろーすなのとか有名な方のところには人だかりができてましたな。
具体的には「川」のあたり。
文章系はあとで回ってくるだろうしまったり星屑の香辛料でも読んでるかー、とつかむさんの書いた部分を
読んでいたのですが、どうにも何かがおかしい。
人口密度が高すぎる。
前回の第二回に比べて1.5倍は人がいるんじゃねぇの!? というレベル。
通路に人があふれていて、会場内の室温が上がってましたね。
まあウチはスルーされる側なので特に忙しなく動くという事もなく、まったりしてました。
ホライゾンがメインストリームの中で終わりのクロニクル、しかも脇役本なんだから当然だ。
ただ始めの方から黒藻の獣が欲しい、と言ってくださる方がいたのでとても嬉しかったり。
見た目も可愛いしお手軽に作れるしで簡単に集客できるすぐれものだぜぐへへへへ。
そんな感じで平和に過ごしていたところに、前回ウチの本を買っていってくれた方が今回も来てくれまして。
脇役本を作るサークルなんだと思ってますよと言われて、否定する言葉を僕は持ちあわせていませんでした。
だってメインの登場人物だと他の人がやるだろうし、似たようなものが溢れてても面白くないよなぁ、と思うわけです。
いやそこまで考えてやってるわけじゃなくてただ単純に思いついたネタがそうだっただけであって。
で、ここで大問題が発生。
「スケブとか描いてもらえますか?」
「!?」
予想外過ぎる言葉に思わず本の表紙を指差して、こんな絵ですけど本当にスケブとか欲しいんですか、と再確認してました。
ものすげーテンパりました。えぇ。
色々葛藤もありましたが、欲しいと言ってくれたのだし、と描くことに。
渡された色紙を前に呆然とする俺。どうしよう俺。
とりあえず手を動かさないとなー、というかこれ時間内に描けるのかなーなんて悩んでたんですが……
「あのー、スケブって描いてもらえますか?」
「!?」
まさかの二人目登場。え、えぇー……
一人は引き受けたのに他の人は駄目、というわけにもいかず。
しかし初めての事態なので、一枚にどれだけ時間がかかるかわからないので、あとでまた来て頂くことに。
最終的にはどちらも描き上げる事ができたのでよかったのです。
両方八号さん希望ということで、お前ら八号さん好きだな!
と、言うかですね……
ここは文章サークルなんだよおおおおおおおおおおおお!?
自己紹介文にある「自称物書き」の自称部分が本当に洒落にならなくなってきたのだわ……
引き受けたあとはひたすらシャーペン握ってました。
自分の隣ではじゃんけん大会提供用の色紙を時瀬さんが描いていたので、
なぜか文章本しか置いてないのに中に座ってる人はひたすら絵を描いているというカオス状況になってました。
色紙を描いている所を時塔さんやつかむさんにしっかり目撃されていて後でネタにされたり。ぐぎぎ。
いやしかし、これで絵のほうも逃げられなくなったなぁと思っています。
今後は絵も普段から描いていかないと駄目だな、と。
というかサークル活動自体を止められなくなってきた感があってぐぼぁ。
描いている間につかむさんがイー姉やサイコロを腹から打ち出すハムスター顔のおもちゃを持ってきたり。
ちょこちょこ黒藻が欲しいという方が来たり、写真を撮ってくださる方がいたり。
英国会議時の女装トーリのコスプレをしていた方が黒藻さんズを撮影していったのが印象的でした。
次回はもっとちゃんとしたネタを用意したいですなー。
作業の合間に会場を見渡していたんですが、空きスペースでベクトルさん作のSTG、帝の最新体験版が
プレイされていたりして、ホントにお祭りと言った雰囲気が良かったですな。
氏の所は開始20分で売り切れ拍手が起こったり、ほんと普通はこんな事おこらないよなぁと思います。
というか今回はコスプレ多かったですなー。
英国会議時のドレスアサマチや賢姉にミト。賢姉とミトの方はウィッグ重くて大変だっただろうなぁ。
自分のスペースから見た限りだと全裸の制服状態とかホラ子、女装ミトにノリキにSf、点蔵、ダっちゃんといった所でしょうか。
前回もあったように、運営の方達が用意した「カレーとチャーハン」のじゃんけん大会がありました。
チャーハンと言っておきながら全てカレーだったというあたり、運営の人達もよく分かってますよね。

そんなこんなで最後まで楽しい時間を過ごす事ができました。
運営の方に参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
終了後の色紙じゃんけん大会は始まる前の酉さんいじり時点では会場に居たのですが、
その後の大会が始まる頃にはジョナサンに退避していたので、様子は知らないのですが……
打ち上げの時に疲れきった酉さんと周囲の方の反応で、大体何があったのかは察しました。
というか酉さんはいつもイベントの後は死んでるよね。

サークル数の多さから色紙も多く、さぞ盛り上がったに違いない。
冒頭にも書きましたが、もう時瀬さんはウチのサークルの人ということでいいんじゃないでしょうか。


第四回はまだ未定との事ですが、可能であるならまたこのお祭りを楽しみたいなと思います。
不測の事態がおこったりで気疲れもしましたが、本当に楽しい一日でした。
打ち上げの時は神姫で盛り上がったりして楽しかったです。

以上、このあたりで回顧録を終わりたいとおもいます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハムスター顔の玩具の詳細が知りたい時は『ビーストサーガ』で検索してみよう!

>色紙を描いている所を時塔さんやつかむさんにしっかり目撃されていて後でネタにされたり。ぐぎぎ。
あり、んーなにネタにしたっけにゃ

実は香辛料について期待させた分「いつもと同じじゃないですか!」というこち亀の中川のような反応をされたのは結構ショックだったりしたので次は妹で書く
というのは半分冗談で次は妹ネタをたまにはやってみようとおもっちょる、ホントじゃよ

Re: No title

Mr.つ ……一体何かむなんだ……?

> >色紙を描いている所を時塔さんやつかむさんにしっかり目撃されていて後でネタにされたり。ぐぎぎ。
> あり、んーなにネタにしたっけにゃ

誇張表現、または嘘紛らわしい広告といった感じで。
そんなにネタにされたワケじゃありませんがこう言っておけば良いってばあちゃんが言っていた。

いつもと同じというか、思いっきりトランスフォーマーネタでしたな。
と言うより我々は姉弟とか兄妹という血の関係性から脱却せねばならんのではないでしょうかね。
あと黒髪ロングストレートからも。
プロフィール

Aldog

Author:Aldog
自称物書きのへたれ野郎
連絡を取りたい場合は以下のアドレスにお願いいたします
verge.works@gmail.com
※@は半角にしてください

最新記事
twitter
count
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。